menuclear

ヒト資格転職

人との繋がりを大事にして一つずつ丁寧に前に進んでいくことが成功の秘訣。修了生 中山さんへインタビュー!

ネイル中山さん①.jpg

中山友里恵さん(大宮校 修了生)

10代で結婚と出産、今は3人の育児真っ最中、将来のことを考え、女としても、社会人としても、ママとしても輝き続けたい!自分で自分の道を切り開きたい!という一心で独身の頃から憧れていたネイリストを目指されました。サロン開業を視野に入れて受講中からネイリストとして顧客を持ち、卒業後は自宅を自分でリフォームしてネイルサロン「Remore nailroom」をオープンされました。

人と人との繋がりを大切にして集客もこなす傍ら、家事と育児も両立し、認定講師資格取得を目指し継続して勉強中とのことです。

ネイリストを目指したきっかけは?

子供がいても主婦でも、自分でスケジュールを組んで身の丈に合った仕事ができると思ったからです。以前、飲食店で働いている時、まだ小さい子供が熱を出しているのに出勤せざるを得ない時がありました。目の前の事に全力投球してしまう性格上、責任感からくる自己判断でしたが、仕事が一段落したころ我に返り罪悪感でいっぱいになりました。これでは何のために働いているのか本末転倒、もっと母親としても社会人としてもどちらも妥協せずに働ける状況を自分で見つけるしかないと思い、色々な職業を考えましたが、元々美容関係が好きでセルフネイルもしていたこともありネイリストを選びました。

ヒューマンアカデミーを選んだ理由は?

直感です!実は説明会で話を聞いて初めて認定講師という資格を知ったくらいです。ただネイリストに憧れていて以前からいろんなネイルスクールに資料請求をして主人にも相談はしていました。

何回も電話やお知らせの手紙をもらっていましたが、全て資料請求のみでその先にはいけずでした。そんな中、ヒューマンアカデミーの方から電話をいただき、校舎で話を聞いてみようと思いました。思い切って大宮校へ行き話を聞くと、もうこれはやるしかない!と思い、その場で入学を決めました。全てはタイミングでした。通える場所だったことや時間帯も頑張れば通えそうであり、また子供が理由で休んでも補講で補えるということ、その他ネイルに特化していてあらゆる面のサポートやバックアップをしてくれるスクール、ということが決め手でした。

学んでいるときのクラスメイトや講師の方とのエピソードがあれば教えてください。

講師の方との相性がとても良かったです。お子さんのいらっしゃる先生だったので、みんなよりも早く教室を出なきゃいけなかったり、子供がぐずって遅刻しちゃうこともある私の環境に共感していただいたり、気にかけてくださいました。でも逆にそういう先生の気持ちに甘えてはいけないと強く思い、気づけば皆勤賞でした。また、宿題をあえて宿題とは言わず「やる気があればやってくるよね」という感じで、優しさが逆に私に火をつけて奮い立たせてくれました。自分が気づかなかったところを先生が「もっと出来るよ、あなたは出来る」って言ってモチベーションを上げてくださり、私でも頑張れば認定講師になれるかも、という自信を与えていただいた憧れの先生です。

サロン開業までの経緯を教えてください。

当時、兄の会社で建設業の事務をしながらスクールに通っていたので、サロン勤務の経験なしで2級の資格を取得した後、練習の為「3,000円でなんでもやります」という企画を自宅のリビングで始めました。そこで10本スカルプや3Dアートやジェル長さだし、ジェルアートもエアブラシも、とにかく経験を積みたくて、知り合いの繋がりで気づけば遠方からも20人くらいのお客さまに来ていただきました。

それを土日や平日夜に2年くらい続けて、その間いただいたお金を使わずずっと貯めていました。貯めたお金を家の改修費用に充てて自宅サロンを開業しました。週4日は兄の会社で営業事務の仕事をして、週1日は通学、土日は自宅サロンでこの2年間は休日というものがなかったですね(笑)

30歳までにはしっかりネイリストとして働けるようになっておきたいと思い、予定を年表に起こして、子供の年齢から逆算し、この時期にサロン開業するならこの年までに資格をとろう、など計画的に進めました。一人前のネイルストになるにはサロンに勤めたほうが近道、というのは少なからず感じていましたが、今では子供の行事も習い事も付き合いながらその他の時間は10時~夜22時くらいまでお客様で埋まっているほどです。一から自分で考えて作り上げてきた納得のいくやり方と、突き詰めてきた技術を求めて来てくれるお客様がいる限り、自分のブランドをしっかりと築き上げるため、更なる技術向上とネイル業界の発展に貢献できるよう、今では自宅サロンがスタートで良かったと思っています。

サロンで工夫している点を教えてください。(集客方法やメニューなど)

自宅をサロンとして営業していますが、趣味でやっているような印象を与えないように、サロン内は展示室のような異空間にしたくて自分で内装も考えました。看板、ドリンクサービス、音楽、雰囲気作り、クレジット払いも出来るようにしていて、あとカルテも作成しています。路面店と変わりないサービス、それ以上に個室空間という特別感を感じていただけるよう、ドリンクのチョイスや子連れ対応、仕事の合間に来る方、話をたくさんしたい方、オフタイムにしたい方、お客様がサロンに求めていることは人それぞれです。一対一だからこそお客様の気持ちにできる限り、寄り添えるようなサロンを意識しています。ネイルのサンプルチップは一応作っていますが参考程度です。お客様にRemoreのイメージを理解していただき、その方に合ったものを当日アレンジしています。

SNSはやっていますが、広告も出していないしネット予約も受けていません。その代り、商工会議所に入ったり、地元のお祭りに出店したりと、人と人との直の繋がりをとても大切にしています。商工会のオジサマに『うちの娘が今度成人式なのでネイルやってくれよ』と言われることもありますよ。

家事、育児との両立で工夫していることはありますか?

育児は基本的に放任です(笑)旦那様にも子供たちにも協力してもらい、家族全員で家事のことをしています。出張ネイルもしていますが、その帰り私は保育所に一番下の子を迎えに行き、その間に上の子たちが洗濯物の取り込みやご飯炊きをしてくれています。

その代り、子供たちのやりたい、ということには全力でサポートします。サッカーやダンスの習い事の練習は必ず見に行き、そのために必要なものは惜しまず買ってあげます。「努力は必ず報われる」ということを教えていきたいし、報われるまで努力するママの姿も見せていきたいと同時に自分に喝を入れています。

将来の夢を教えてください。

「いつかテナントで路面店を持ちたい」という夢はあります。欲を言えばそのサロンで頑張ってきたことを一緒に分かち合う仲間達がいれば、尚楽しいし力も倍増だな、という想いもあります。そのためには認定講師やエデュケーターとしても活躍できるネイリストになれるよう今から一歩一歩、下準備をしていきたいと思います!実はこれも以前書いた年表通りで今、挑戦や実践をしている最中なのです。

今後、サロン開業を目指す方に、メッセージをお願いします。

私の経験から自分に自信を持つことが何かを変えるきっかけになると思います。自信を持つには、導かれた道ではなく、自分で道を作ることです!大切なお客様、サポートしてくれている家族、応援してくれている友達への感謝の気持ちを忘れず、主婦でもママでも出来ることはあるはずです。

小さなことから何事も挑戦してみて、自分で選んだ道を納得して、ひとつひとつ丁寧に進めていくことが大事です。くじけても誰のせいでもない、自分で決めた道、何があっても乗り越えて頑張れば絶対出来るということを伝えたいですね。

ネイル中山さん②.jpg

RELATED

この記事に関連する記事