menuclear

ヒト資格転職

憧れで終わらない!異業種から、プライベートネイルサロン開業を実現するまで。修了生 菊池さんへインタビュー!

菊池さん①.jpg

菊池 恵さん(新宿校 修了生)

2014年にヒューマンアカデミーのネイリスト養成講座を修了し、JNECネイリスト技能検定1級、JNAジェルネイル技能検定上級、ネイルサロン衛生管理士の資格を取得されました。 全日本ネイリスト選手権2014の地区大会ジュニア・スチューデント部門のナチュラルスカルプチュアでグランプリを獲得するなどの実力派ネイリストであり、 20194月からは自宅でプライベートネイルサロンを開業し、講師業も兼務されております。3歳の子どもの育児と仕事を両立中です。

ネイリストを目指したきっかけは?

毎月ネイルサロンへ通っているうちに技術職への憧れが強くなり、ネイリストを目指しました。

ヒューマンアカデミーを選んだ理由は?

何校かほかのスクールにも見学へ行きましたが、担当者の方の対応が一番丁寧で学校の雰囲気もとても良かったのでヒューマンアカデミーを選びました。結構な金額をお支払いするので(笑)、気持ち良く通えることも重要なポイントでした。

学んでいるときのクラスメイトや講師の方とのエピソードがあれば教えてください。

フリーレッスンでコンテストスタイルを教えていただいた先生には大変お世話になりました。コンテスト当日にも仕上がりを見ていただくなど、受講時間以外も熱心に対応してくださいました。教え方も論理的でとてもわかりやすく、今でも私の目標です。

自宅サロン開業を決めた理由とサロン開業までの経緯を教えてください。

ヒューマンアカデミーのネイル講座のWEBサイトに掲載されていた卒業生の自宅サロン開業の記事を見て、「そういう働き方もできるんだ」と思い、スクールに通い始めた当初から自宅開業を視野に入れていました。スクールで資格を取得後、百貨店内大型サロン、小規模サロン店長を経験し、家庭環境の変化に伴い独立しました。2店舗で働いていたことで、その経験が独立する際に大きく役立ちました。

サロンで工夫している点を教えてください。(集客方法やメニューなど)

お客様が来たいと思うサロンは何かを考え、価格に見合うだけのメニュー内容と他のサロンにはできない技術を提供できるように努力をしました。

サロン開業して良かったと思うところは何ですか?

家庭とのバランスが取りやすくなったことが一番良かった点だと思います。また、サロンワークにおいてもお客様一人ひとりにきちんと向き合えるだけの時間を取れるようになったため、外で働いていた時よりも充実した施術を行えていると実感しています。

サロン開業で一番大変だったことは何ですか?

一番は不安と闘うことでした。引越し後に駅から歩いて30分、住宅地の中の一軒家での自宅サロンをスタートしました。今までのお客様がいないだけではなく、知り合いもいない、ほぼゼロからの状況でサロンを開業することは本当に不安でした。

家事、育児との両立で工夫していることはありますか?

家事の面では、野菜を切ってから冷凍してすぐに料理に使えるようにストックしておいたり、仕事の合間に家事をするなど隙間時間をフル活用しています。平日はワンオペ育児なのですが、休日など保育園がお休みの日にお客様からの予約が入った時は、主人が子どもを遊びに連れ出して面倒を見てくれるなど協力してもらっています。家族の理解があるからこそ成り立っているので、主人と子どもには本当に感謝しています。

今後の目標・夢などをお聞かせください。

テナント店舗へのステップアップ、認定講師資格を取得してスクールでの講師活動など挑戦したいことは色々とあります。自分が今担当させていただいているお客様を任せられるくらいのスタッフを自分で育成できたらいいな、という思いも大きいです。ただ、今は子どものペースに合わせながら、と思っています。

今後、サロン開業を目指す方に、メッセージをお願いします。

自宅サロンは、「自宅でやっているのだから趣味程度でしょ」「テナントじゃないのに料金が高い」など、マイナスのイメージを持たれることもあります。
そういった風潮もある中で自宅サロンを開業しようと思った時に、どういったお客様をどういう方法で集客するのか、初回来店のお客様をどうリピートに繋げるのか、などを不安もある中、考え実行していくことは思っている以上に大変かもしれません。また、自宅サロンは自分が経営者です。ネイルの技術だけではなく、客観的にサロン運営として何が必要なのかを都度判断し、実行に移していく力も不可欠です。
そして、ネイリスト自身も「自分の生活圏内のプライベートな空間でサロンを開く」というのは集客面や精神面において、特有の問題が生じると思います。こういった自宅サロンならではの障害や色々な問題があることをあらかじめ知り、それに対応できる策を持ち合わせた上で始めていただけると不安が軽減されるのではないでしょうか。
あとはトライアンドエラーです!
何事もやってみなければわからないので、失敗してもそれをプラスに変えていこうとするスタンスが大切かな、と思います。

int_k04.jpg

RELATED

この記事に関連する記事