menuclear

マナビ語学

トレンドの語学(英語)資格「TOEFL iBT®」抑えておくべきポイントを解説

 TOEFL iBT®は、TOEIC®テストと同様、アメリカの試験作成団体であるETSEducational Testing Service)によって作成されています。世界的にメジャーなテストになっており、海外大学進学・国内の大学の受験で活用されています。この記事では、TOEFL iBT®の抑えておくべきポイントについて紹介します。

◎キャンパス NCL B0524 2007 UNI EXTERIOR.jpg

そもそもTOEFL iBT®ってなに?

 "TOEFL Internet Based Testing" の略称になります。

英語を母国語としない人々に向けた英語のコミュニケーション能力を測るテストとして1964年に誕生したTOEFL®PBT(ペーパー版)から進化し、2005年に導入されたインターネット版のテストスタイルになります。世界約130ヶ国にて実施、約3500万人以上(日本では約100万人以上)が受験しているグローバルなテストです。

 コミュニケーションに必要な「Reading」「Listening」「Speaking」「Writing」の4技能の英語運用能力を総合的に測ることを目的とし、合格・不合格ではなくスコアで英語力を測ります。

TOEFL iBT®を勉強して身に付くことは?

 主に大学や大学院に留学をするため、英語運用能力を測定するテストのため、前述した通り、「Reading」「Listening」「Speaking」「Writing」の4技能の実践的なスキルを測る事を目的としています。読んで、聞いた上で、話す、書く、など現地での実際の生活を反映するような問題も含まれており、"どれだけ英語の知識があるか" ではなく "どれだけ英語を使うことができるか  、が重要になります。

 そのため、TOEFL iBT®のスコアアップの勉強をすることで、ネイティブスピーカーが使う表現(ボキャブラリー)の知識や日常的に話すナチュラルなスピードの聞き取り、自分の意見を自分の言葉で表現する力や、文法やスペルだけでない内容部分の構成・具体性などの力をつけることができ、実際に使える英語が身につきます。

TOEFL iBT®スコアを持つメリットは何でしょう。

①海外大学へ進学

 海外の大学や大学院へ留学を目指している方は、このTOEFL iBT®のスコアが必要になります。例えば、留学先として人気であるアメリカ、オーストラリア、カナダなどの大学の大半が留学生(英語を母国語としない学生)の英語力の証明としてTOEFL iBT®スコアの提出を義務づけています。スコアにより入学できる大学が違うため、より高いスコアを保持することは海外大学進学にはプラスになります。

②国内の大学受験

 近年、日本でも教育制度の改革により英語教育の重要性が見直されており、国内の大学でもTOEFL iBT®スコアの保持者には、入試の際に英語試験を免除するシステム導入、推薦入試などでTOEFL iBT®スコアが出願要件になっている大学も増えてきており、大学受験のために早い段階でのTOEFL iBT®テストの準備をする高校生も増えています。また、TOEFL iBT®スコアは、多くの大学で単位の認定として使われてきています。国内大学から海外大学への交換留学を希望する大学生にとっても、TOEFL iBT®スコア保持は有利と言えます。

 そのほか、就職・転職や海外移住などにもTOEFL iBT®スコアは役立ちます。(オーストラリアとニュージーランドでは、ビザ申請の際、英語習熟度を証明するために使われています。)

ヒューマン国際大学機構の取り組み

 ヒューマン国際大学機構では、需要が増えてきているTOEFL iBT®スコアアップに向けて、高校1年生から受講ができるTOEFL iBT®カレッジコースを開講しています。

 受講開始日に目標を設定し、オンラインライブ授業で「Reading」「Listening」「Speaking」「Writing」の4技能の実践的なスキルを丁寧に指導、しっかり身に付けていただき確実にスキルアップを測っていくコースです。また、スキルアップのみならず、カレッジスキルも同時に学びます。

 グローバル化が進む中、海外大学進学、国内大学の受験、ビジネスに役立てるなど、TOEFL iBT®を受ける目的も多様化しています。ぜひ、TOEFL iBT®スコアを武器に世界へ羽ばたいてください。

RELATED

この記事に関連する記事