menuclear

マナビ

「なりたい人になる!」を目指して頑張る総合学園ヒューマンアカデミー生!!

総合学園ヒューマンアカデミーは、自分の「なりたい」を実現するために多種多様な分野を学ぶ学校。同じ志や夢を持った友達やその道に導き、寄り添う講師やスタッフ、そして自分なりの道に進んでいる先輩が多くいます。そんな「なりたい」を応援する学校に通っている人の様子をご紹介します。

友達は、未来のクライアントかもしれない。
将来、一緒に仕事ができたらうれしいな。

総合学園ヒューマンアカデミーでは、他カレッジの学生とコラボする機会もたくさん!

様々な分野の専門職が一つの仕事を進める「共創」を体験できます。
他カレッジの科目を受講できる制度もあるので、就職活動も有利に。
総合学園は、まさに社会の縮図。
友達の幅も広がって、充実した学園生活になること間違いなしです。

パフォーミングアーツカレッジ 声優専攻
(大阪こども専門学校出身)
伊美 勇輝くん 

5Q4A3875.jpg

[コメント]
「球技大会」の実行委員を務め、カレッジの枠を超えて人と関わることができました。たとえば、ゲームカレッジの友達は「ルールづくり」が得意。普段プログラミングづくりに長けているだけあって、細かい部分にもよく気づいてくれるので助かりました。「こういう伝え方ではダメなんだ」と気づかせてくれたんです。プログラミングという細かい作業をしているからこその目配り・心配りがゲームの友達はできるので僕自身すごく刺激になります。他にも、大会用のTシャツのデザインもしたのですが、マンガ・イラストカレッジやデザインカレッジの友達が僕たちではとても考えつかないようなカレッジ特性を活かしたTシャツをデザインしてくれました。各々が学んできたスキルを持ち寄れば、大きな力になるんだと実感しましたね。たくさんの学科があるから一つの催しを協力して創り上げていくことはまさに総合学園だからこそできることです。

5Q4A3828.jpg

さっきも、デザインカレッジの友達がパフォーミングアーツカレッジの「ダンス」の授業を受けていたんです。僕たちは「動きで魅せる」ことを重視するんですが、デザインカレッジの友達は動きの一つひとつに「意味」を持たせて表現していて、「その発想はなかった!」と驚かされました。表現のスタンスが全然違うんですね。僕たちはこれから演技やダンスを仕事にしていかなければならないので、「負けていられない!」と火がつきましたね。

総合学園ヒューマンアカデミーでは自分が在籍しているカレッジ以外の学生と関わろうとしなかったら、それはそれで学園生活は成り立ちますが、僕は積極的に他カレッジの学生と交流を深めるようにしています。視野の広がり方が全然違いますよ。この間もヘアメイクカレッジの友達に化粧品について詳しく教えてもらって、自分が舞台に出たときにするメイクについて知識を深めることができました。そうやって自分自身の「演技」という部分に関わるいろんな要素が明確に見えてくるんですね。他カレッジの友達と積極的に関わりを持つことで、自分自身の可能性も広がっていくと確信できています。いろんなカレッジの学生と一緒になってクリエイティブな作業をして視野を広げるようにすると他では経験できない有意義な学生生活が送れると思います。ゲームやマンガの友達が実際に作品を創っている姿を見てると、いい意味で物事や世の中の商品等の見方が違ってきます。TVを見ていても作品を創ることの大変さや意味が伝わってきたり、それこそ自分が出演する台本も見方が違って「すごく大事にしよう」と思えます。本当にいいモチベーションになります。

 ゲームカレッジやマンガ・イラストカレッジの友達の作品がアニメやゲーム、舞台になったら、僕たちが声をあてたり、演技の面で協力することができると思うんです。だから、未来のクライアントが目の前にいるような感じがしますね。「何かあったら、僕を呼んでね!」と今から言っています。将来、他カレッジの学生と一緒におもしろい仕事ができたら最高です。

未来の後輩たちにもぜひ「総合学園ならでは」の楽しさや充実感を味わって欲しいですね。

5Q4A3849.jpg

RELATED

この記事に関連する記事