社員インタビュー

カウンセリング営業 小林 恵美 Emi Kobayashi ヒューマンアカデミー新宿校 2013年入社/ビジネスコミュニケーション学科卒 相手のすべてを受け止め 応えていくのがカウンセリングの醍醐味

Talk 社会人教育の担当として講座の案内に励む日々

ITベンチャーでディレクターとして働いていましたが、人と接することなく完結する仕事内容に成長の限界を感じ、転職を決意しました。次の仕事は営業と決めて仕事を探し、ヒューマンアカデミーに出会いました。面接官は若い方なのに役職に就いており、自分も頑張れば結果を出せると感じました。また、講座を希望される方の希望や将来までとことん考え、受講をご案内するというカウンセリングがメインのスタイルにも興味をひかれました。
ヒューマンアカデミーは全日制と社会人教育の講座に分かれますが、私は社会人講座の中で主に心理学の講座を担当しています。サイトなどを通じて資料請求のあった方に電話で説明会への参加を促すのが最初の一歩です。その後、説明会に来てくれた方と会って面談し、その方がどういう状況で何を求めているのか細かく話を聞き、将来の展望まで含めて細かいご相談を行い、最適な講座をご案内していきます。そのほか社会人教育の営業はカリキュラムの作成や講座の日程調整、教室の確保、受講生の管理、検定試験の運営なども行い、多角的な業務を行っています。

Talk 相手のことを第一に考え、受け止める

ヒューマンアカデミーで受講をお勧めする場合、カウンセリングが基本です。講座の受講をただご案内するのではなく、受講希望者のキャリアアップのためにカウンセリングを行うところが一般的な営業とは一線を画します。更に詳しい話をするための個人面談では、時間をかけてヒアリングを行い、講座を受けようと思ったきっかけや目的、家族の状況や仕事のことなど、かなり踏み込んだお話をします。社会人の場合、受講を考える方は転職や就職などを意識しておられます。人生を懸けておられ、悩みをお持ちの方も多くいます。こうした本気の相談をすべて受け止め、最良の選択ができるようにこちらも応える必要があります。それがカウンセリングの真髄です。私は面談をするときは相手のことだけを考え、何が相手のためになるか、それを一番大事に考えて話すようにしています。そうして最後に相手が「受講します」と言ってくれたときは、自分の気持ちが通じたのだと喜びを感じる一瞬です。自分の提案や相談に対する姿勢を信頼してくれて学校に入ってくれたということは、自分を選んでくれたとも言えます。人と会って結果を出す仕事のやりがいは大きいです。

Talk 3カ月で目標を達成し、ひとつの目安をクリア

私は転職だったので「入社3カ月で結果を出す」と決めて頑張った結果、その3カ月目に設定目標を達成し、上期の優秀社員賞をいただくことができました。経験がなくてもやればできるということを周囲に見せられたと思います。しかし今も多くのことを学んでいる途中です。面談では相手に感情移入しすぎることもありますが、仕事であるということも忘れてはなりません。それに、既に開講している講座に関しては生徒さんが気持よく学べるよう、教室の運営にももっと気を配らなければなりません。
そうして仕事を完璧にこなせるようになった暁には、キャリアアップをするのが目標。まずはジュニアマネジャーを目指したいと思っています。直属の上司は女性ですが、家庭がありつつも仕事で結果を出していて、お手本にしたいことばかりです。職場では働きやすい環境でオフィスにも笑いがあふれています。新人ですが自由にやらせてもらっていることに感謝し、今後も求められた結果を出せるように期待に応えていきたいと思います。

プライベート

休日は誰かと会っていることが多いですが、カフェやラーメン店を食べ歩くのが好きです。お茶を飲んでリラックスするのは好きなので、出かけた先でおいしい紅茶を見つけると購入して家でも楽しんでいます。最近はワッフルのおいしいお店で飲んだ紅茶が気に入り、購入しました。集めた紅茶コレクションでお茶を楽しみながら、最近飼い始めたうさぎと遊ぶのも癒しの時間となっています。

Staff List

  • 01 マネジャー 岩永 英治
  • 02 カウンセリング営業 小林 恵美
  • 03 留学カウンセラー 中島 彩花
  • 04 講師 平野 雄介
  • 05 講師 杉田 友里

Career History

3日間の研修を受けて
現場に入り活動開始
入社から数日間で組織の話、電話の対応方法や来校案内までの流れ、アカデミーの講座の詳細を学び、電話でのご案内をスタート。
最初のアポが取れるまで
ひたすら電話をかける日々
資料請求の依頼からやや時間が経った案件を担当し、電話にて説明会のご案内をしていく。なかなかコンタクトが取れずに苦戦。
1カ月目に初のアポ獲得
仕事に充実感を感じる
初めて来校のアポが取れたのが1カ月後。担当した方が受講を決めてくれ、達成感を感じる。その後は順調で上期の優秀社員賞を受賞。

1Day Schedule

面談と電話によるご案内が業務のメイン
11時に出社し、資料請求をいただいた中から、昼間は家にいることの多い主婦などにコンタクトを取っていきます。午後は面談がメイン。入学を決める場合は、一件の面談で3、4時間かかることも。夕方からは社会人をメインにご案内を行っていきます。
ページの先頭へ