社員インタビュー

留学カウンセラー 中島 彩花 Ayaka Nakajima ヒューマン国際大学機構 大阪校 2012年入社/外国語学部 英米語学科卒 正しい情報提供で 留学を希望する人の道筋を示していく

Talk 海外留学を希望する人をサポートする

高校時代から英語を活かした仕事に就くことを考え、大学時代はアメリカへの交換留学も経験しました。就職活動時、合同説明会でヒューマンアカデミーの留学を扱うカウンセラーのことを知り、興味を持ちました。また会社を訪れた際、学生たちが挨拶気持よく挨拶してくれて、いい学生さんが通っているところだなと好感を持てたのも入社の決め手のひとつです。
私の部署は海外へ留学を希望する方から資料請求があると、まずは電話で説明会への参加を促したり、相談に乗ったりします。留学には「4大ネック」と言われる語学、治安、就職、費用に対する不安などの問題があります。私は自分の留学時のエピソードを交えて相手の不安を解消できるように心がけながら、カウンセリングを行っています。意志を固めた方に対しては留学先で生活に問題のないレベルの語学を習得してもらうため、必要であれば国内における1年間語学の講座もお勧めしています。そして出願に必要なTOEFLの点数をクリアし、志望校に出願できるようにサポートしていきます。

Talk 正確な情報を提供するための努力

他のヒューマンのカレッジでもそうですが、留学の場合は本人と保護者両方にしっかり理解をしていただかなければならず、カウンセラーの責任は重大です。我々が取り扱うのは正規留学のみですが、海外の大学に4年間通うメリットを伝えていかなければなりません。教育という目に見えないものについて価値を認めていただく訳なので、常に正確で論理的に説明できなければならず、正しい情報提供のために海外の大学のホームページなどを見て最新の情報を得るようにしています。「この大学のこの学部はどうか」「こういうことを学びたい」と、留学を希望する方はそれぞれ細かい疑問や要望をお持ちです。それに対して海外で学ぶ意義を伝え、学びたい大学の特色などもすぐに伝えられなくてはなりません。私は文系のため、最初は理系の学部を希望する方の問い合わせに関してはうまく対応できず、人に任せるしかありませんでした。しかしそれでは進歩がないと、専門外の分野の大学や学部についても勉強をして、2年目からは理系大学のカウンセリングも行っています。常に知識の積み重ねと情報収集を続けて、どのような質問や疑問にも応えられるようにスキルアップをしていくつもりです。

Talk 感謝されて実感した仕事の意義

私には仲の良い同期がおり、それぞれ勤務地も違いますがいつでも仕事の成功事例などについて情報共有を行っています。お互いに励まし合うことで仕事も頑張れるし、そのうちの一人とは最後まで優秀社員賞を争うなど、お互いに切磋琢磨することが自分の成長につながっています。しかしまだまだ私も発展途上。高度な知識を身につけ、正確な情報伝達を行えられるレベルの高いカウンセラーになるために努力あるのみです。相手と話すことの多い仕事ですが、上司からは「営業に必要なのは傾聴能力、聞き上手になれ」とも指導されています。
自分のカウンセリングを通して人生を決めていく方がいると思うと、責任感で身が引き締まりますが、嬉しい面もあります。私がカウンセリングを担当して最初に留学をした学生さんが「あのとき電話がかかってこなければ今の私はいません。感謝しています」と言ってくれたときには、この仕事をやっていて良かったと心から思いました。その学生さんが無事大学を卒業できるように見届けたいし、今後もそうした人生のきっかけを与えられるようなカウンセリングを行っていきたいと思います。

プライベート

映画が好きで1日に2本見ることもあります。話題のエンターテイメント作品よりも、実話が元になったような感動できるような作品が好きです。映画館でアルバイトをしていたこともありますが、館内に漂うポップコーンの匂いや映画館の雰囲気そのものがお気に入り。それを味わいに出かけている面もあります。大好きなバター味のポップコーンをお供に、映画を見るのは至福の時間です。

Staff List

  • 01 マネジャー 岩永 英治
  • 02 カウンセリング営業 小林 恵美
  • 03 留学カウンセラー 中島 彩花
  • 04 講師 平野 雄介
  • 05 講師 杉田 友里

Career History

アルバイト研修を経験し
本配属されて本格的に営業開始
アルバイト研修で業務について学び、4月から西日本を担当に営業を開始。4月末には最初の留学希望の学生とコンタクトを取り、相談に乗る。
理系の知識の必要性を痛感し
2年目からは勉強に励む
理系や農学、薬学等で進学を希望する学生に対し、知識が足りずしっかり応えられていないと反省。正確な情報提供をするために勉強に力を入れる。
同期と競いあって頑張り
優秀社員賞を受賞
同期と切磋琢磨しつつ業績を競い、入社初年度に優秀社員賞を受賞。結果が大きなモチベーションとなり、2013年も上期で優秀社員賞に輝く。

1Day Schedule

毎日欠かせない面談のロープレ
午前中は毎日一人が学生役、一人がカウンセラーという形で面談のロールプレイングを行います。私は文系だったのでそれ以外の分野の学問に関する知識がまだまだ足りません。理系、薬学、経理学などについて、留学希望者の質問を想定しながら練習を行っています。
ページの先頭へ