menuclear

カイシャ

"学びは、面白い"を体現する。 学習マネジメントシステム「ヒューマンアカデミーassist」

human-assist-thum.png2021年より、ヒューマンアカデミーは社内外に向けて「学びは、面白い」というブランドスローガンを発表しました。そして今、「学びの面白さ」を創造する "Edutainment Company" として、独自のGIGAスクール構想に基づく"学びのDX化"を推進中。

その具体的取組のひとつが「ヒューマンアカデミーassist」です。

ヒューマンアカデミーassistでは、2023年4月から継続的に受講生アンケートをとっています。その中で、「受講生同士でコミュニケーションをとりたい」という要望が多く寄せられました。受講形態としてはオンライン授業のニーズが高まっているものの、一方で自己学習による孤独感やモチベーションの低下という課題が上がっています。

 そこで、学習者同士の交流、情報共有、質問の場を提供することで、同じ目的の受講生と繋がることで学習効果の向上と目標達成へ向けた刺激になると考え、新機能「assistタイムライン」を開発しました。

「ヒューマンアカデミーassist タイムライン」2024年6月リリース!

 40,000名以上のヒューマンアカデミー学習者に向けて、2022年7月から学習マネジメントシステム「ヒューマンアカデミーassist」のサービス提供を開始しました。学習に必要な全ての情報を見える化し、学習者に合った情報やサポートを届けるサービスで、「誰一人取り残すことなく全員の学びを支える」ことを掲げています。

サービスを構築するにあたったきっかけは、ヒューマングループが1985年の創業以来、学習者178万名以上の学習サポートをしてきた経験と実績が関係しています。日々「今の自分を変えたい」「何を学ぶべきか決められない」「続けられるか不安」「合格できるか自信がない」など、たくさんの相談を学習者から受けてきました。

そこで、これらの悩みや課題を科学的に解決し、その課題や学習者に寄り添うために、ヒューマンアカデミーassistを独自開発しました。

システムの構築は、2021年に社内外に向けて発信した"学びは、面白い"というキーフレーズに基づく、「ヒューマンアカデミーGIGAスクール構想」の一環として行われてきました。

ヒューマンアカデミーGIGAスクール構想とは、2020年より実施している独自構想であり、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」や経済産業省が掲げる「未来の教室」の実現にも紐づいていきます。

これまでの具体的な実施例は、PC及びタブレットや高速ネットワーク環境などの整備、自社スタジオ『Human Edutainment Studio』設立、基幹校舎での独自開発のプラットフォームシステムや大画面ビジョンの設置などです。

そして今回のヒューマンアカデミーassist タイムラインは、成績や結果だけで示されることのない試行錯誤や小さな変化、周囲の人々とのコミュニケーションなども重要だと考えております。そのコミュニケーションをサポートしていくためのシステムが「ヒューマンアカデミーassist タイムライン」です。

講師とカウンセラーがあなたの夢を全力でサポート


ヒューマンアカデミーassistは単なるシステムだけではありません。特長的なのは、これまでの全国にある校舎で提供させていただいていた、専門スタッフによる手厚いサポートが仕組みに織り込まれていることです。

たとえば、講師と「SELFingサポートカウンセラー(SSC)」と呼ばれるスタッフが、一人ひとりにつき、受講開始前から「学習目的や目標」を共有した上で、相談、進捗フォローなどの各種サポートを行います。場合によっては、講師・SSCから学習進捗状況について連絡を行い、就職や資格取得という明確なかたちで、結果をサポートします。

つまり、SELFingサポートカウンセラー(SSC)とは、いわば「夢の実現まで伴走する学びの伴走者」です。学習内容やスケジュールの管理を通して、適切な努力ができるよう、学習者の夢を叶えるためのアシストを行います。

02.png

ちなみに、ヒューマングループでは、2003年よりお客様への提供価値として「SELFing」を掲げており、社員全員に「SELFingファウンデーション研修と社内資格取得」を定めています。この研修を受けた社員でなければ、SSCを名乗ることはできません。初心者でも意味が理解しやすい授業を提供し、SSCは学習効果が高められるように学習目的や目標設定をした上で進捗管理やアドバイスなどのアシストを行います。

また、講師に対しては「学習面でわからない部分や将来の相談」、SSCに対しては「就職やキャリアパスの相談」を行うことで、タイプの異なる質問を専門家に投げかけることが可能です。相談内容などに応じて、講師とSSCも連携してスケジュールの調整などを行うので、無理なく学習が進められます。

特に、SSCへの就職・転職相談では、専門家ならではの詳しい事例を紹介しながら行うため、自分の価値観が広がるきっかけになるはず。どんなタイミングでも相談できるので、気軽に声をかけましょう。

データの見える化や仲間との出会い、授業のアーカイブ化も!


ヒューマンアカデミーassistには、他にも見逃せないサポートがあります。それは、「学習に必要な全ての情報を見える化」し、学習カリキュラムや学習スケジュール、テスト結果、課題内容、参考書籍などの情報を学習者一人ひとりに最適化した状態でお届けするサポートです。

そのひとつひとつ、学びの1シーンに寄り添いながら学習者の方が「なりたい自分」になれるように、人のサポートはもちろんデジタルでつなぐことでサポートしていきます。

03 (1).png

ヒューマンアカデミーassist タイムラインを搭載したことにより、同じように夢へ向かって頑張る仲間と出会い、積極的にコミュニケーションをとることもできます。

リアル校舎での接触はもちろん、オンライン上でのコミュニティが作れる機能もあるため、エリアや年代を越えたさまざまな人とも巡り合えます。特に、大人になるとなかなか新しい出会いや交流を深めることが難しい現代でも、仲間づくりをするサポートが可能です。

ヒューマンアカデミーのこれから


ヒューマンアカデミーassistは、当グループの一番の強みである"面倒見の良さ"とデジタルをかけ合わせた、まさに「ヒューマンアカデミーらしい」サービスです。この学習マネジメントシステムを通して、学習者の不安や挫折をすくい上げ、目標達成をアシストする環境を形成します。

また、同じ学習者同士、さらには講師やスタッフなどとのコミュニティを作り、リアルやオンラインに関わらず、学び以外でもいきていくような豊かな人間関係作りも重要だと考えています。

まとめ


ヒューマンアカデミーassistは、学習者一人ひとりの声を伺い、今後も機能を追加していきます。

ヒューマンアカデミーassistでなりたい自分になるための学びをしたい人はもちろん、プラットフォームとして活用したい法人企業や学校の方などぜひお問い合わせください。

また、まだまだこれからヒューマンアカデミーassistは進化をし続けるため、一緒にその開発をしてくれる「学びは面白い」を創造する仲間も募集中です。

▷ ヒューマンアカデミーassist

RELATED

この記事に関連する記事