menuclear

マナビ趣味教養実用

社内受講を活用し仕事へ活かす!社員インタビュー①

PC250556.JPG

ヒューマンアカデミーでは、福利厚生のひとつとして「社内受講制度」というものがあります。これは、ヒューマンアカデミーで販売している講座を、授業料無料、または割引で受講することができ、多くの社員がこの制度を活用して自身のスキルアップやキャリアアップに繋げています。

今回は、この社内受講制度にて、さまざまな学習に取り組んでいる社会人教育事業部 広告課の萩森 聖香(はぎもり きよか)さんにインタビューをしました。

今まで受けられた社内受講を教えてください。

以下、7講座を受けました。

TA(交流分析)カウンセラー養成講座

NLPプラクティショナー講座

NLPマスタープラクティショナー講座

Illustrator講座

Photoshop講座

・マインドフルネス講座

・ポジティブ心理学講座

TA(交流分析)カウンセラー養成講座を受けたきっかけと感想を教えてください。

ひとつめは営業マンとして武器になるスキルが欲しかったからです。営業担当だった時は、人とコミュニケーションを取ってきた経験値の少なさを痛感する日々でした。経験値がなくても「目の前のお客様のことを理解するために、どうしたらいいのだろう」と考えていた時に、TA(交流分析)に興味を持ちました。

実際、教育担当だった先輩がTA診断を活用した営業をされていて「この人はこういうタイプだからこんな話をした方が良い」とか「このタイプの人にはこの講座も案内してみよう」という様なスタイルでした。私もそのスキルを身につけて営業に活かしたい、と思ったのが大きなきっかけです。

ふたつめは、社会人として日々を送っていく中で、自分自身を見つめ直したいと思ったからです。学生の時と違い、ストレスが多い日々の中で「私はなんでこれが出来ないのだろう」「どうしてこうなってしまうのだろう」と自分に嫌気がさすことがありました。そういう中で、TAを勉強すればそんな自分の根源を知ることが出来るのではないか、根源を知れば改善していけるのでは、と思い受講を決めました。

感想としては、自分の感情に振り回されることが少なくなりました。「自分はこういうタイプだからこういう感情になる」という理由が分かったので、自分を客観的に捉えられるようになり、ストレスを感じる事も減りました。修了する前に異動が決まったので営業活動に活かすことはできなかったのですが、日頃のコミュニケーションでも「この人はこういうタイプだからこういう考え方である」ということが分かるので、人間関係がストレスなくとても楽になりました。

Illustrator講座とPhotoshop講座を受けたきっかけと感想を教えてください。

きっかけ は異動先の部署が広告課で、販促物の制作に携わる仕事のため、ある程度ソフトを扱えるようになりたいと自然に思うようになり受講を決めました。

感想として、これまではただ制作会社に依頼をして、作ってもらうだけだったチラシやバナーなどを、自分で作ることができて「こんな仕組みだったんだ!」というような新しい発見がたくさんあり、 受講が楽しかったです。実際に仕事用のバナー制作もある程度できるようになりました。趣味としても使えるので、これからも色々作ってみて、腕を磨いていきたいです。

受講して役にたったことを教えてください。

客観的に物事を考えられるようになり、感情に左右されなくなったので、ストレスを感じることが減りました。また課題の解決方法を建設的に考えられるようになったのは、仕事上でもだいぶ活きているのではないかと思います。性格的にも、人と関わる際の力が抜け、前より明るく前向きになったと思います。

本記事は「社内受講を活用し仕事へ活かす!社員インタビュー②」に続きます!そちらではNLPやポジティブ心理学を受講した感想、また今後受けてみたい社内受講制度に関してインタビューしております。

是非、合わせてご覧ください。

RELATED

この記事に関連する記事