menuclear

マナビ趣味教養実用

社内アンケートをとってみた!みんな、ペットを飼っていますか?

photo-1570824104453-508955ab713e.jpg

動物は、私たち人間と共存している生き物であり、切っても切り離せない存在です。猫や犬は人々の生活において、時には家族として、時にはパートナーとして私たちの生活を支えてくれています。そんなペットを飼っているヒューマンアカデミーの社員はどれほどいるのか気になったので、社内アンケートをとってみました!

まず、世論調査ではペットを飼っている人は全体の36.7%にも及びます。では、ヒューマンアカデミーはいかがでしょう。

Annotation 2021-01-24 230711.jpg

「飼っている」または「飼いたいと思っている」が54.6%ということで、全体の半分以上を占めました!

では、なぜ人はペットを飼いたいと思うのでしょうか?ペットを飼うメリットはかなり多くあると考えられています。

身体的に健康になる

これはペットと散歩をしたり、外に出ることで活動のレベルが向上するためと言われています。ペットを飼育することによって、血圧、血液中のコレステロールや中性脂肪を下げる効果があると考えられています。ある調査では独り身の場合、犬を飼っている人は犬を飼っていない人に比べ、死亡リスクが33%下がるとも言われています。

精神的に健康になる

ペットと触れ合い、癒されることで、ストレスが少なくなると考えられています。アニマルセラピーといって、動物と触れ合うことで気持ちを休めるセラピー手法もあり、動物がいかに人間にとって大きな存在かがうかがえます。

またアメリカ発祥の「プリズンドッグ」というプログラムがあります。これは刑務所の受刑者が介助犬を育成するもので、施設から犬を引き取り、受刑者たちが犬の世話を通して、命の大切さや愛情を学んでいくというものです。アメリカのとある青少年刑務所では、このプリズンドッグ・プログラムを実施し、刑務所を出所した犯罪者の再犯率がゼロになったとも言われています。

その他にも、お子さんが幼いうちからペットを飼うことで、愛情や責任感を学ぶことができたり、アレルギーや喘息になる確率が低くなるというデータもあります。

このように、ペットを飼うことで人々のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)は大きく向上します。私たち人間も動物のために何か役に立ちたいものです。

「ペットのために何かしてあげたい」「動物ともっと上手にコミュニケーションをとれるようになりたい」という方はたくさんいると思います。実は、ヒューマンアカデミーでは通信講座である「たのまな」でペットに関する学習をすることができます!

「ブリーダー講座」「トリミング講座」のようなよく知られている講座から「ドッグライフアドバイザー入門講座」や「愛猫健康講座」などあまり聞きなじみがないものまで、それぞれのニーズに合った学習ができること間違いなしです!

是非愛するペットのために新しいチャレンジをしてみませんか?

RELATED

この記事に関連する記事