menuclear

マナビ語学

外国人とのコミュニケーションツール「やさしい日本語」とは

「やさしい日本語」という言葉を聞いたことがありますか

 最近、メディアでも取り上げられるようになり、外国人とのコミュニケーションツールとして、「やさしい日本語」は注目されています。

「やさしい日本語」とは、普通の日本語よりも簡単で、外国人もわかりやすい日本語のことです。難しい言葉を簡単な言葉に言い換えたり、一文を短くしたりするなど、普段何気なく話している日本語を少し意識して話すことで、外国人にも伝わりやすくなります。

「やさしい日本語」という概念が注目されるようになったきっかけは、1995年の阪神・淡路大震災だと言われています。震災があった地域には、日本人だけでなく多くの外国人が住んでいました。その中には、日本語も英語も十分に理解できず、震災時に必要な情報を受け取ることが出来なかった方が多くいました。このことがきっかけで、特に災害時などに、その情報を迅速に正確に伝える一つの手段として、「やさしい日本語」が生まれました。

【活用例】

現在、「やさしい日本語」は、さまざまな場所で活用されています。

 災害時だけでなく、日本に住む外国人向けの生活情報誌や、行政情報をわかりやすく伝えるための手引きなど、多くの自治体で取り組みが進んでいます。

 最近では、多様な国籍の患者への対応の手段として、医療現場においても注目が高まっています。また、『NEWS WEB EASY』は、NHKが運営しているウェブニュースで、外国人や、小学生・中学生向けに、やさしい日本語を用いてニュースを発信しています。

「やさしい日本語」は、難しい言葉を簡単な言葉に言い換えたり、一文を短くしたりするだけでなく、ゆっくり大きく話したり、漢字にはルビ(ふりがな)をつけたり、イラストや写真を用いて分かりやすくするなど、相手の立場に立つ「やさしさ=優しさ」が根底にあります。

 そのため、やさしい日本語は外国籍の方のためだけではなく、子どもや高齢者など、多様な立場の人へも配慮したコミュニケーションツールとも言えます。

【作り方】

やさしい日本語の作り方には、いくつかルールがあります。ここでは、明日からすぐに取り入れることを目指し、2つのポイントに絞って示します。

ポイント1 難しい言葉を簡単な言葉に言い換える

 いつも何気なく使っている言葉を、簡単な言葉に言い換えてみましょう。例えば、漢語やカタカナ語を和語にしたり、敬語は使わず普段の言葉で話したりすることなどを意識してみてください。

持参 → 持って来る

帰宅 → うちへ帰ります

服用 → くすりを飲みます

立ち入り禁止 → 入ってはいけません

キャンセル → やめる

レンタル → 借りる

いつ日本にいらっしゃいましたか。 → いつ日本に来ましたか。

ポイント2 一文を短くする

 いつも自分が話している内容を文字に起こしてみると、驚くほど一文が長いことが分かります。情報を伝えやすくするため、「1つの文には1つの情報」を意識しましょう。

・この用紙に住所、氏名、生年月日をご記入の上、提出してください。 

→ この紙に住んでいるところ、名前、誕生日を書いてください。そのあと、出してください。

・こちらでしばらくお待ちになって、名前を呼ばれたら診察室にお入りください。 

→ ここで少し待ってください。(〇〇が)名前を呼びます。診察室に入ってください。

 いかがでしたか? 明日から出来そう! と思えたでしょうか。

 みなさまのお住いの地域にも、留学生、就労者、その家族など、多様な背景を持つ外国籍の方がいらっしゃると思います。ぜひ、やさしい日本語で話しかけてみてください。

最後に

写真1.jpg

 私は企業や自治体など、さまざまな場所で「やさしい日本語」のセミナーを開催しています。そういった場所では、必ず最後に、参加者のみなさまにお伝えすることがあります。それは、「やさしい日本語はテクニックではなく、寄り添う心」だということです。

 やさしい日本語の作り方にはいくつかルールがあり、それを使いこなすには練習が必要です。もちろん、テクニックとしてのやさしい日本語も重要ですが、それよりも、「このように話せば相手に伝わるだろうか?」「この言い方のほうが分かりやすいかな?」という気持ち、それこそが、やさしい日本語に欠かせない部分です。

 日本語に不安がある外国籍の方にとって、目の前の相手が自分の話を聞いてくれていること、自分に寄り添ってくれていること、こういったことは言葉以上に伝わっています。

 やさしい日本語には正解がない、とよく言われます。テクニックや正しさにとらわれず、ぜひ、近くの外国籍の方に笑顔で話しかけてみてください。

執筆者:井上里鶴

 この記事は、「にほんご日和」に掲載された記事をKARUTAにて一部再編集しています。当サイトの内容、テキスト、画像、イラストなど無断転載・無断使用を固く禁じます。

RELATED

この記事に関連する記事